サインバルタを服用する前に確認しておくべき点

サインバルタを服用する時の注意点

サインバルタは2010年に発売されたSNRIに分類される抗うつ薬です。既存の抗うつ薬と比べて副作用が抑えられているのが特徴です。

 

しかし、抗うつ剤である以上それなりの副作用はあります。注意点を守らなければ副作用は大きくなってしまうでしょう。薬としての効果は十分ですので注意点をしっかり守って治療効果を生かしていきましょう。

 

サインバルタの作用機序

作用機序というのは薬がどんな仕組みで効果を発揮するかの理屈です。サインバルタはどのような仕組みで抗うつ効果を発揮するのでしょうか?

 

脳内には神経伝達物質という物があります。大雑把にいえばうつ患者はこの神経伝達物質が少なくなっている状態です。サインバルタ服用の目的はうつの改善の為に神経伝達物質を増やすことです。

 

サインバルタはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される薬品です。脳内で放出された神経伝達物質はやがて体内に吸収(再取り込み)が行われます。

 

それを阻害して上げることによって脳内の神経伝達物質の量を増やしてうつ症状の改善をするのがサインバルタです。

 

サインバルタ服用前の注意点

サインバルタが何故抗うつ効果があるのかを簡単に説明しました。しかし、サインバルタはどんな状態の方でも飲んでいいわけではありません。こういう人は服用してはならない、服用に気をつけるというポイントが存在します。それらをこれから紹介していきます。

 

服用禁止

MAO阻害剤投与中もしくは投与中止から2週間以内

サインバルタで問題が起こったわけではありませんが、他の抗うつ剤とMAO阻害剤を併用した際に全身けいれん、高熱、昏睡といった危険な症状が現れた報告があります。

 

もしもMAO阻害剤を投与している場合は投与中止後2週間は間を置いてからサインバルタを利用するようにして下さい。

 

逆にサインバルタを服用中であれば、サインバルタの服用を中止してから5日間は休止期間をおいたのちにMAO阻害剤を利用してください。

 

高度の肝障害がある

サインバルタの成分は主に肝臓で分解されます。その為、肝臓に負担がかかりますから、肝障害が悪化してしまう可能性があります。また、肝臓が弱っているとサインバルタを分解する処理が遅れますので薬の体内残留時間は伸びてしまい副作用の危険性がアップします。

 

高度の腎障害がある

サインバルタの成分は最終的に腎臓で尿に混ぜられて体外に排出されます。腎臓が弱っているとこの処理が滞ってしまい、薬はなかなか体の外に出せないために副作用リスクが上がります。

 

閉塞隅角緑内障の患者

サインバルタの副作用により眼圧が上昇して緑内障の症状が進行する可能性があります。

 

服用注意

前立腺肥大症等排尿困難のある患者

サインバルタには排尿障害の副作用があります。大きなものではないですが、元々排尿困難を患っている患者さんであれば症状が重なって大きなものになってしまう可能性がありますので、服用には細心の注意を払ってください。

 

高血圧又は心疾患のある患者

サインバルタはセロトニンの量を増やします。セロトニンが増量すると血管の動きが活発になり、血流や脈が速くなる場合があります。

 

健康な状態であればよいですが、高血圧や心臓が弱っている状態であればこれは負担につながりますので慎重な服用をお願いします。

 

自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、躁うつ病患者

セロトニンは少ないとやる気が起きませんが、逆に多すぎるとイライラや興奮など衝動的な行動につながる感情を増幅させます。

 

突発的に自殺を試みたり、その他の精神障害と合わさると気持ちが制御できずに暴力をふるってしまう場合がありますので注意してください。

 

脳の物理的障害

サインバルタを服用時にどんな作用があるかはあくまでも、万全な状態の脳を想定して作られています。もしも、脳に物理的な障害があった場合どんな反応があるかわかりません。基本的には薬の効果が大きくなってしまう傾向ですので、飲み始めは少なめから始めるといいでしょう。

 

てんかん

てんかんにはいくつか原因がありますが、その中の一つに脳の過度な興奮があります。セロトニンの増量は脳が興奮状態になりがちで、てんかんの引き金となりますので気をつけましょう。

 

高齢者


高齢者は腎臓・肝臓をに限らず全体的な身体機能が弱まっています。ですから、薬を体外に排出する機能も下がっていますので、副作用の危険がアップします。

 

また、眠気でふらついた時に転倒して怪我をするかもしれませんので、ご家族の方は気を配ってあげるといいでしょう。

 

小児

小さなお子さんに関しては使用データが少ないので効果的なのか、副作用は大きいのか、といった確証が取れていません。ですから、医師がどうしても使用した方がいいと判断した場合以外では見送った方がよいでしょう。

 

妊婦


確定事項ではないのですが胎児に悪影響を与える可能性がある、という報告も上がっています。医師が副作用よりも治療効果が大きいと判断した時以外は使用を見送るべきでしょう。

 

サインバルタの服用方法に関する注意点

大量服用しない

サインバルタは比較的副作用が大きい抗うつ薬というジャンルの薬です。しっかり用量を守ったとしても副作用が出てしまうでしょう。それなのに、医師や製薬メーカー注意点を無視して大量に服用してしまったらどんなに大きな副作用がでるかわかりません。注意点を守って無茶な大量服用はやめましょう。

 

車・機械の運転前に飲まない

注意点としてサインバルタには眠気の副作用が出ます。ですから、運転前の服用はしないようにして下さい。自分だけではなく周囲にも危険を及ぼす可能性があります。

 

サインバルタの副作用・相互作用に関する注意点

サインバルタの服用時はこういう人は注意、こういう飲み方はNGといった注意点に関する解説を行ってきました。

 

こういった注意点を順守しても副作用は避けられません。なので、前もってどんな副作用が出るのかを知っておくのはとても大切です。しかも、サインバルタのみで使うなら問題なくとも、他の薬を一緒に飲むと出てしまう注意点もあります。この2つのポイントに関して解説していきます。

 

サインバルタの副作用

サインバルタは既存の抗うつ剤と比べれば副作用が少なめですが、注意点として抗うつ剤である以上それなりの副作用はあります。

 

では、実際にどんな副作用があるかというと

吐き気、眠気、頭痛、便秘、下痢、めまい、不眠、倦怠感

といったようなものがあげられます。特に眠気は運転時に出ると危険な症状ですから注意しましょう。

 

サインバルタの総合作用はどんなもの?

相互作用は、複数の薬品がお互いの効果を増加させたり逆に減少させてしまう作用です。

 

注意点で既に軽く触れていますが、サインバルタにも相互に影響を与えてしまう相性の悪い薬品はいくつかあります。事前に医師に確認するなどして同時使用は避けましょう。

サインバルタはこんな薬


注意点ですがサインバルタは抗うつ薬として多くの人に親しまれています。口コミの評判が良くリピーターも多い人気商品です。注意点ですがサインバルタには神経伝達物質のノルアドレナリンやセロトニンの減少を抑える働きがあるので、服用することで憂鬱な気持ちを楽にしたり意欲を高めたりしてうつ状態を改善させる効果が期待できます。

 

注意点はサインバルタは病院から処方してもらうという入手方法が一般的ですが、通販サイトでも購入することが可能です。注意点として個人輸入の代行サービスを行っている通販サイトで購入するのが便利でお得です。注意点は忙しくて病院に行く時間がない、病院に行くことに抵抗を感じる、費用を安く抑えたいという人におすすめです。用法用量をきちんと守って正しい方法で服用しましょう。
効果が高い抗うつ薬ですので副作用を伴います。血圧上昇、頻脈、頭痛、性欲減退、生理不順、尿が出にくいなどがそれにあたります。体に何らかの異変を感じたらすぐに服用を中止して、速やかに病院を受診して医師に相談するようにしましょう。サインバルタを服用しているときは車の運転などは避けましょう。アルコールを摂取すると薬の作用が強く出てしまいますのでお酒も控えるようにしましょう。

 

 

 
http://www.facepostfree.com/ http://www.sinirsizfilm.net/ http://chnises.com/ http://grilhotel.com/